行事情報

社員研修(「コミュニケーション」研修)

 今年創立40周年を迎えるダイシン設計㈱においては、次世代の「人材づくり」は一番重要な取り組みの一つであります。
 その中で社員研修の充実を図るため、人材開発専門会社のキャリアバンクによる今年度の研修が始まりました。
 昨年の「階層別」研修に変えて、社員が職位に関係なく研修メニューを自ら選択し受講することにより、効果的な研修成果を目指すものであります。
 1回目となります「コミュニケーション」研修が6月17日(月)13:30から17:00まで本社、深川支店の6名の参加により開催されました。

今後は、「ほめ方・叱り方」「文章力アップ」「課題解決力向上」「報連相」「プレゼンテーション」の内容で通算6回にわたり、延べ約90名の社員が参加して実施していきます。



農業農村整備事業に係る研修

 2019年6月14日(金)、13時30分から「農業農村整備事業に係る研修」を当社分室で開催しました。
講師は、農業農村整備事業計画の経験を持つ、当社の南部技師長にお願いしました。
内容は、北海道農業の概要と農業農村整備事業の概要でした。
普段は農業農村整備事業に関わらない方々も参加し、北海道農業の特徴、構成、現状や農業農村整備事業の計画を交えた話を聞くことができました。



平成31年度 労働安全衛生大会

 2019年4月19日(金)13時30分から労働安全衛生大会を札幌駅前ビジネススペースで当社の協力会社19社の方にも参加していただき開催しました。
 内容は、初めに村口社長から「労働安全衛生委員会」を再編成して、労働災害の防止などに努めてまいりたい、協力会社の皆さんも、改めて交通事故や労働災害の防止に努めていただきたい」との挨拶後、一般社団法人 日本自動車連盟(JAF) 札幌支部の鈴木健二郎事業課長から「北海道の交通事故の現状と傾向」「長距離運転時の注意点」「ゲリラ豪雨や濃霧での注意点」「車のトラブル」「スマートフォンを操作しながら運転する等の『ながら運転』の厳罰化」の話を伺いました。日本自動車連盟 鈴木事業課長の話は、当社には運転する機会が多く長距離運転する社員がおりますので、多くの参考になる話を聞くことができました。
その後、島防災部長から2018年度の交通安全と労働安全衛生の活動報告があり、田村執行役員から「墜落制止用器具」の使用についての報告がありました。最後に各部代表の3名の発声により、参加者全員で年度スローガン(安全宣言)を読み上げ終了しました。



平成31年度 新入社員歓迎会

 平成31年度 新入社員歓迎会を4月2日(火)18時より「センチュリーロイヤルホテル 20F ノーブル」にて開催しました。
 会長より4人の新入社員への歓迎の挨拶後、新入社員の自己紹介があり、社長の乾杯で歓迎会が始まりました。社員全員が参加した歓迎会は、例年同様和やかなで楽しい時間をすごしました。



入社式、辞令交付

 2019年度を迎え、4月1日(月)に本社で新規採用社員4人の入社式、14名の昇格等の辞令交付、勤続功労者への記念品贈呈を行いました。
新年度にあたり村口社長からお話があり、その要旨を記載します。
「今年創立40周年を迎える我社はお客から求められる業務の増大が見込まれ、その信頼に答えていかなければなりません。また、一方で「働き方改革」を進めなければなりませんが、やはり一番重要なのは、働きやすい働きがいのある職場をつくることです。そのために、優秀な人材を確保し、その人材を会社全体で育てていくことであります。今年度も難しい判断を迫られる局面があるかと思いますが、社員一丸となり協力して対応していきます。」



平成30年度管理職研修の実施について

 平成31年2月15日(金)に当社分室において、現在部長、次長、課長の各職に就いている社員を対象に、役員も含めた25名で今年度の管理職研修を開催しました。
この研修は、次世代に向けた「人づくり」、「人財育成」のため、その中核を担っている当該職の社員が部下社員をどう指導し、また全体をどうマネジメントするのかを、今後検討を進める現行「人事考課」の位置付けをポイントに研修を行いました。
 経験豊富なキャリアバンクの講師からのより実践的かつ実務的な説明と研修の進行により、これからの効果的な人事評価の実施に向けたスタートとなりました。
 また、併せて「働き方改革」についても研修を行い、重要なのは制度的な改正だけではなく、「働きやすい」「働きがい」のある職場を築くために、そこで働く社員一人一人をどう育てて行くのかが会社として問われていることについても学んだ内容でした。



ふれあう心のあかり2019

 2019年2月11日(月)、深川支店で「第9回ふれあう心のあかり2019」を開催しました。
 このイベントは、毎年、当社深川支店敷地内でふれあいの家(特定非営利活動法人 深川市手をつなぐ育成会)、地元の町内会と合同で開いているものです。
 今年は、NHKのテレビ番組でおなじみのキャラクター「チコちゃん」の大雪像を制作しました。
 また、「宝探しゲーム」「人間カーリング」などのアトラクションもにぎやかに行われ、地域の皆さんと交流を深めることができました。
 右下の画像は、ドローンで撮影した写真を3Dデータとして表示したものです。



新年交礼会

 平成31年1月7日(月)18時より全社員参加の新年交礼会を「センチュリーロイヤルホテル 20F ノーブル」にて開催しました。
 開会にあたっての大久保会長の挨拶では、「今年も社員全員が健康であること、誠実であることが一番大切」とのお話をいただいた後、清水専務の乾杯で交礼会が始まりました。
 新年交礼会は、全社員が一堂に会する唯一の会でありますが、普段から打ち合わせで他部署の人と話す機会が多いので、例年同様、にぎやかな雰囲気で楽しい時間を過ごしました。
 最後に今年度入社した社員を代表して深川支店の伊深技師補の締めの挨拶により暖かな雰囲気で新年交礼会は閉会されました。



年頭の挨拶

 平成31年1月7日(月)、村口社長から年頭の挨拶がありました。その要旨を記載します。

 「新年あけましておめでとうございます。
 昨年は、7月に豪雨、9月に地震の災害業務があり大変な1年でありました。今年は、平成が終わり、統一地方選挙、参議院選挙、G20首脳会合、ラグビーワールドカップ等があり、にぎやかな年になると考えています。
 ダイシン設計のアイデンティティは、発注者さんが困っているときは、我社の社員が決して逃げ出さず寄り添って一緒に悩んで、問題の解決を発注者さんと共に迎えることではないでしょうか。
 これから年度末に向け忙しくなりますが、体調には十分気をつけてください。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。」



酪農学園大学 環境・建設コンサルタント系 業界セミナー・会社説明会

 2018年11月5日(月)、酪農学園大学で開催された、環境・建設コンサルタント系 業界セミナー・会社説明会に出典させていただきました。
 当初の予想を上回り業界セミナーへは15名、会社説明会へは3名の学生の皆さんにお越しいただきました。皆さんありがとうございました。
 1回当たりの説明は短いながらも熱心に聞いていただき、当社の概要や業務内容等を知っていただけたと思います。
 また、当社ではインターンシップを開催していますので、マイナビ2020よりエントリーの上、是非ご参加下さい。電話連絡でも受け付けています。
 マイナビ2020:https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp212639/outline.html



新入社員フォローアップ研修(階層別)

 新入社員フォローアップ研修(階層別)をダイシン設計㈱ 総務部・技術審査部主催のもと、10月29日(月)にキャリアバンクセミナールームにて開催しました。
 今回の研修会は、キャリアバンク株式会社の菊池 静香氏を講師に、受講対象者である今年度に入社した社員6人全員が参加した研修会となりました。
 内容は、「新入社員研修の復習」、「出来るようになったこと・失敗体験を振り返り共有する」、「問題解決のポイント」、「目標設定の重要性について」の講義を受けました。また、講義内でLEGOブロックを使用した自分の考えの発表や、3名1グループに分かれてのグループワークと発表がありました。約3時間にわたり、まだ実務経験は短いながらも実体験を踏まえた有意義な研修となりました。
 なお、今後も階層別研修を定期的に開催します。



安全衛生大会

 平成30年6月25日(月)14時から、安全衛生大会を当社の分室で開催しました。
 まず、村口社長から「この大会を通じて、無事故・無災害を達成するよう皆さんと一緒に努力していきたい」と挨拶がありました。
 次に、田村執行役員から「安全衛生マニュアル」の運用の流れ、書式、連絡体制、ヒヤリ・ハット事例の説明と、島防災部長から当社の交通安全委員会の今までの取組みの報告がありました。また、安全衛生方針・安全衛生目標・年度スローガンの説明が阿部技術審査部次長から報告があり、各部を代表した3名が安全宣言を行いました。
 最後に、年度スローガンを全員で読み上げました。



新入社員のための安全運転講習への参加

 6月12日(火)9時より、桑園自動車学校において、今年入社した5人の社員を対象に、安全運転講習が実施されました。
 まず、適性検査から始まり、座学、そして、実際運転しての場内での走行駐車能力チェック、路上での技能講習へと進んでいき、13時に終了しました。
 講義の中では、今までとは違って社員として仕事で運転するという自覚と責任をもって安全運転と法令遵守に努めることの重要性と、万が一事故を起こした場合、本人だけではなく会社にも大きな負担となることを学びました。



深川支店 深川市内の高校生を対象にドローン・CAD体験会を開催

 平成30年6月11日(月)、深川支店にて深川市内の高校生に建設コンサルタント業の仕事を知ってもらうため、ドローン・CAD体験会を開催しました。
 体験会には、市内高校生3人が参加しました。
 参加した高校生たちは、深川支店の敷地内で冨樫技師長の指導の下、ドローンを操縦した後、会議室で門田副技師長、楠本主査にCADの操作方法を教えてもらいながら、基本的な線や矩形を製図しました。
 参加した高校生たちは、興味深くドローンの操縦とCADでの製図を行なっていました。



社内技術講習会 ドローン操作説明会

 平成30年4月17日(火)に当社の分室で社内技術講習会「ドローン操作説明会」を開催しました。
 今回の講習会は、昨年度の業務でドローンを使用した環境技術部 冨樫技師長が講師となり、ドローンの基本的な操作と業務を実施するために必要な操作技量を学ぶために開催しました。
 内容は、1. 送信機の特徴・使用説明、2. ドローンの飛行ルールの説明、3. ドローンの飛行訓練の方法についての説明、4. 撮影した映像の紹介、最後に参加者全員が操作の実習を行いました。



社内技術講習会 技術士第二次試験の対策

 社内技術講習会「技術士第二次試験の対策」を2018年4月16日(月)に、当社の図書室で開催しました。
 今年3月に自身3つ目となる技術士(建設部門:鋼構造及びコンクリート)を合格した、水尻取締役が講師となり、技術士第二次試験に合格するための勉強方法やポイント、講師が体験した話しを聞くことができました。
 受講者は、次回の技術士第二次試験合格を目指している20名で、講師の話を真剣に聞いていました。



北測協大運動会

 2018年4月13日(金)に北海道測量設計業協会が主催する大運動会が札幌市東区にある「つどーむ」で開催されました。
 北海道測量設計業協会の会員である当社からも若手社員から役員まで10名が参加しました。8チームに分かれ当社の参加者はバラバラとなりましたが、同じ協会内の方々との交流ができる良い機会でした。
 競技は、大玉送り、玉入れ、借り人競争、障害物競走、〇×クイズ、綱引き、宅配便リレーを行ないました。全員は真剣に競技に参加し、声援や歓声がある大盛り上がりの運動会でした。参加者全員に怪我が無く終わる事ができてよかったです。



新入社員歓迎会

 平成30年度 新入社員歓迎会を平成30年4月6日(金)18時より「センチュリーロイヤルホテル 20F ノーブル」にて開催しました。
 会長より5人の新入社員への歓迎の挨拶後、少し緊張した新入社員の自己紹介があり、社長の乾杯で歓迎会が始まりました。
 新入社員を交え和やかな雰囲気の時間を過ごしました。



新入社員研修(階層別)

 新入社員研修(階層別)をダイシン設計㈱ 総務部・技術審査部主催のもと、4月6日(金)にキャリアバンクセミナールームにて開催されました。
 今回の研修会は、キャリアバンク株式会社の菊池 静香氏を講師に、受講対象者である新入社員5人全員が参加した研修会となりました。
 内容は、1. 社会人としての心構え、2. ビジネスマナーの基本、3. 職場のコミュニケーションについての講義を受けました。また、あいさつや名刺交換のロールプレイ、コミュニケーションについてのグループワークを行ない、基本的かつ実践的なビジネススキルを身につけました。



入社式、辞令交付

 平成30年度を迎え4月2日(月)に本社で新規採用社員5人の入社式を行ない、社長より一人一人に辞令と社章が交付されました。また、同時に組織改正により、河川砂防部を新設するなど21名の社員の人事異動等を行いました。  私たちは、安心・安全に暮らせる社会づくりに貢献できる仕事を行なっています。その意識と誇りを持ち、心と体の健康に気をつけ、今年度も頑張ります。



冬道安全運転講習

 冬季の運転経験が少ない方や慣れていない方を対象に冬道を安全に運転するため、冬道安全講習に参加しました。
 平成30年1月23日から26日の4日間、中央バス自動車学校で開催された講習に、当社の社員が1日2・3名ずつチームを作り、受講予定者全員の11名が参加しました。
 内容は、まずデモ走行の見学があり、そこではABS作動時のタイヤの状態・車が埋まった際の牽引の様子・バッテリーが上がった際に使用するブースターケーブルの繋げ方・駆動輪別によるコーナリングを見ることができました。次ぎに、つるつる路面の特設コースで、車を滑らせ回転させ不安定な状態にする危険走行を体験し、最後に、そのコースで車を滑らせずに安全に走行する体験をしました。



社内技術講習会「道路橋示方書(Ⅰ編~Ⅴ編)の改定概要について」

 社内技術講習会「道路橋示方書(Ⅰ編~Ⅴ編)の改定概要について」を平成30年1月5日(金)に当社分室で開催しました。
  平成29年12月15日の日本道路協会主催の「道路橋に関する講習会」の出席者が講師となり、この講習会の配布資料に基づいた改定概要を説明していただきました。



新年交礼会

 平成30年1月4日(木)18時より全社員参加の新年交礼会を「センチュリーロイヤルホテル 20F ノーブル」にて開催しました。
 開会にあたっての大久保会長の挨拶では、「今年も社員全員が健康であることが一番大切」とのお話をいただいた後、村口社長の乾杯で交礼会が始まりました。
 新年交礼会は、全社員が一堂に会する唯一の会でありますが、普段から他部署の人と話す機会が多いので、にぎやかで和やかな雰囲気で楽しい時間を過ごしました。



社内研修会「災害復旧について(災害復旧アドバイザーなど)」

 社内研修会「災害復旧について(災害復旧アドバイザーなど)」を平成30年1月4日(木)に義達常務取締役が講師となり、当社分室で開催しました。
 目的は、一昨年の帯広建設管理部と昨年の室蘭建設管理部で発生した災害の復旧のためにアドバイザーとして派遣された経験を社内で共有するためです。
 内容は、災害アドバイザーと災害業務の流れについて実例を交えながら説明していただきました。



年頭の訓示

 平成30年1月4日(木)、仕事始にあたり村口社長から年頭の訓示がありました。その要旨を記載します。
 「新年あけましておめでとうございます。
 新聞に書かれていましたが、言われた仕事しかやらない社員が増えてきているようです。皆さんは自ら考え判断、行動して欲しい。そして、その考えを上司や先輩との対話、コミュニケーションを持って共有して欲しい。
 また、これから年度末に向け忙しくなりますが、体調には十分気をつけてください。本年もどうぞよろしくお願いいたします。」



社内技術講習会「コンクリート構造物の維持管理」

 社内技術講習会「コンクリート構造物の維持管理」を2017年11月27日(月)に当社分室で開催しました。
 講師に、一般社団法人コンクリートメンテナンス協会 會澤高圧コンクリート株式会社の東 大智氏と會澤高圧コンクリート株式会社アイザワ技術研究所の河田 義郎氏を迎え2時間の講習会となりました。
 内容は、東氏から「劣化機構に応じたコンクリート補修の基本的な考え方」「亜硝酸リチウムを用いたコンクリート補修技術」のお話しを聞き、河田氏から「バクテリアを用いた自己治癒コンクリート技術(バジリスク)」のお話しを聞かせていただきました。
 コンクリート構造物の維持管理に必要な基本的な話しと研究段階のコンクリートの最新技術の話しを聞くことができました。



主査・主任技師研修会

 主査・主任技師研修会(階層別研修)をダイシン設計㈱ 総務部・技術審査部主催のもと、11月20日(月)に札幌市中央区北5条西5丁目のキャリアバンクセミナールームにて開催されました。
 今回の研修会は、キャリアバンク株式会社の松村 憲 氏を講師に、受講対象者15名全員が参加した研修会となりました。
 研修会の目的は、上司と後輩を巻き込みながら、役割を実行していくためのコミュニケーションのあり方を確認し、スキル向上することでした。
 内容は、「組織が期待する能力」「組織におけるコミュニケーション」「報告・連絡・相談」「要点が伝わりやすい報告」「上司・後輩とのコミュニケーション」等についての講義を受けました。また、5名で1チームを作り、チームでディスカッションやロールプレイを行ないながら、研修会が進められました。



主事・技師・主任研修会

 主事・技師・主任研修会(階層別研修)をダイシン設計㈱ 総務部・技術審査部主催のもと、11月13日(月)に札幌市中央区北5条西5丁目のキャリアバンクセミナールームにて開催されました。
 今回の研修会は、入社3年目研修会と同様のキャリアバンク株式会社の菊池 静香氏を講師に、受講対象者10名全員が参加した、研修会となりました。
 内容は、1.職場におけるコミュニケーションの目的と重要性を再確認する。2.報連相の仕方を見直す。3.適切な自己表現スキルを身につける。の3つの講義を受けました。
 講師は、建設コンサルタント会社に勤めていた経歴も持ち、解りやすく具体的な事例を交えて説明していただきました。また、3・4名で1チームを作り、チーム内ディスカッションを行ない、コミュニケーションを学習しました。



社内研修会「トンネルのおはなし」

 社内研修会「トンネルのおはなし」を11月10日(金)に当社分室で開催しました。
 目的は、当社が平成25年度に設計、その後施工管理を行なった泊共和線、国富2号トンネルの概要や調査と設計、施工等について学ぶことです。
 内容は、田村執行役員から国富2号トンネルの説明に合わせ、トンネルができるまでの流れをわかりやすく事例を交え聞くことができました。また、安全祈願祭や現場見学会の様子、貫通時、貫通式の動画を見ることができ、トンネルを学ぶ良い機会となりました。
右下の写真は、トンネル貫通時に行なった「貫通点清めの儀」の様子です。



労働安全講習会

 平成29年9月11日(月)、労働安全講習会がダイシン設計㈱ 総務部・技術審査部主催で、弊社の分室にて開催しました。
 目的は、外業が増加する中、現場作業の社員の安全確保、労働災害の未然防止、安全意識の向上等を目指すためです。
 札幌本社・深川支店の全社員・役員が参加した、2時間30分の講習会となりました。
 内容は、まず田村執行役員から当社の労働安全の取組み等について説明後、札幌中央労働基準監督署 富塚 豊 安全衛生課長から労働災害事例、労働災害発生状況と傾向、災害未然防止の対策等について講習を受けました。
 また、労働安全講習会は、北海道通信で紹介されました。



入社3年目研修会

 平成29年9月4日(月)、入社3年目研修会(階層別研修)をダイシン設計㈱ 総務部・技術審査部主催のもと、札幌市中央区北5条西5丁目のキャリアバンクセミナールームにて開催されました。
 今回の研修会は、キャリアバンク株式会社の菊池 静香氏を講師に、受講対象者13名のうち9名が参加した、当社として初めて外部の専門会社に委託して実施した研修会となりました。
 内容は、1.職場におけるコミュニケーションの目的と重要性を再確認する。2.報連相の仕方を見直す。3.適切な自己表現スキルを身につける。の3つの講義を受けました。
 講師は、建設コンサルタント会社に勤めていた経歴も持ち、解りやすく具体的な事例を交えて説明していただきました。また、3名で1チームを作り、チーム内ディスカッションを行ない、コミュニケーションを学習しました。
 今後も各階層別研修を順次実施する予定です。



研修会「基礎地盤の問題を解決するケミカルグラウト社の新技術について」

 2017年7月10日(月)、1階分室にて研修会「基礎地盤の問題を解決するケミカルグラウト社の新技術について」を開催しました。
 講師に、ケミカルグラウト株式会社 常任顧問の長沢 和夫氏、札幌営業所長の松野 光一氏、副所長の西出 正弘氏を迎え、1時間半の研修会となりました。
 ケミカルグラウト株式会社の基礎地盤改良の新技術である高圧噴射ジェットクリート工法や、薬液注入のカーベックス工法、グラウンドアンカーのBBアンカー工法、充填注入材のジオフォース工法について、工法の概要や特長を施工事例を交えて学びました。
 当社は、新しい技術や情報は、研修会等を実施して積極的に取り入れ、日々技術研鑽しています!



「第7回ふれあう心のあかり2017」

 平成29年2月11日(土)深川支店で「第7回ふれあう心のあかり2017」が開催されました。
 当社、NPO法人深川市手をつなぐ育成会「深川デイプレイスふれあいの家」、支店のある開西町の町内会の皆様の交流を図るイベントとして行なっています。
 今年の雪像は、「きかんしゃトーマス」を施設内に製作しました。また、アイスキャンドル約150個を会場周辺等に設置しました。
 催しは、雪像前での記念撮影、ふれあいの家利用者が「よさこいソーラン」のパフォーマンスを披露し、宝探しゲーム、アイスキャンドル点火、雪像ライトアップなど様々なイベントを行なわれました。





管理職研修会

 平成29年2月10日、ダイシン設計㈱ 1階分室にて、ダイシン設計㈱ 総務部・技術審査部主催のもと、第1回 管理職研修会(階層別研修)を開催しました。
 講師に㈱日本ビジネス社 代表取締役社長 佐々木 隆浩氏を迎え、3時間の研修になりました。
 管理職の方々が、「管理技術能力の向上」、「コミュ二ケーション向上」、「業務遂行能力」、「管理職のための行動分析学」を学びました。
 当社は、“次世代に向けた「人づくり」と「職場づくり」”のタイトルで人材育成を行なっています。人材育成の基本方向は、「職場重視」「個人重視」「成果重視」「能力・実績重視」です。
 当社の人材育成の社員研修プログラムは、一般研修、専門研修、階層別研修に分類されています。さらに、階層別研修には、若手社員養成、組織の中核社員能力向上、組織のリーダー養成があります。
 今回の管理職研修会は、組織のリーダー養成に該当する研修会です。
 是非、ダイシン設計に入社して、こうした能力を大いに磨いて下さい。



ピックアップ

各部の紹介

フェイスブック

PAGETOP